ベランダの雨漏り修理は早めに行ないましょう。

早めに雨漏り修理を行なう

ベランダ

ベランダの雨漏りは、生活スペースに影響が無いため、放って置かれる場合が多いです。しかし、雨漏りをそのままにしておくと、いずれは建物に悪い影響を与えてしまい、雨漏り修理が困難になることもあるので注意が必要になります。ベランダの雨漏りが建物全体に及ぼす劣化のリスクについて見てみましょう。

放置しておくと雨漏り修理が困難になるケース

耐久性が低下
建物の継ぎ目は最大の弱点です。ベランダの角や、手すりの部分の繋ぎ目から雨水が侵入する場合が多いです。さらに笠木が壊れてしまった箇所なども侵入経路になり、雨水が内部の木材にまで入ると腐って、建物の耐久性を大きく低下させてしまいます。
損傷が起こる
雨風によるダメージをそのまま受けるベランダは、防水加工をしてあるのが一般的です。しかし、築年数が長くなると徐々に劣化していき、防水シートが割れたり、裂けたりといった損傷が出てきます。そこから、雨水が入ってしまうと、あっという間に広がり雨漏り修理が困難になります。
詰まりやすくなる
あまり知られていませんが、ベランダの排水口である「ドレン」が破損すると、詰まりやすくなります。ドレンは、雨樋と同じようにベランダの排水の役割があります。このドレンに不具合が発生していると、排水口の詰まりが起きます。気になる点があれば早めに点検を行ないましょう。

このようにベランダには多くの雨水の侵入経路があります。長い間放っておくと大切な家にダメージを与え続けてしまうため、雨漏り修理を後回しにせず業者に依頼し、調査と修理を早めに実施することが大事です。

ベランダから雨漏りする原因

景色

建物の中でも、雨風や太陽の光が直接あたる場所は、特に雨漏りしやすいといわれています。中でも、ベランダは注意が必要です。どのような原因でベランダに雨漏りが発生するのか確認していきましょう。

雨漏りの原因

経年劣化の可能性
雨漏りする原因の多くは、ひび割れによるものです。ベランダを確認して、ひび割れの箇所を把握しておくことが大切です。特に、防水層にひび割れがあると、防水の意味が無くなってしまい雨漏りの原因になります。
水が流れにくい
ベランダの排水口に、枯れ葉やゴミが詰まると、雨水が上手に排水されなくなり、どんどん溜まってしまいます。水位があがり、排水口周りの防水層をこえると、そこから、雨漏りが始まってしまいます。
隙間ができている
ベランダと窓の間のシーリング材が劣化していると、隙間ができ、そこから雨漏りする場合もあります。シーリング材の劣化であれば、新しく交換するだけで済みますが、シーリング材の下地部分まで傷んでいる場合もあるので、専門業者を呼んでよく確認してもらう必要があります。

自宅に上記の様な雨漏りに繋がる要因はありませんか?雨漏り箇所は素人では発見しにくいため、日頃から予防しておく必要があります。放置しておくと、雨漏り修理費用が高くついて施工も長引くので気をつけましょう。

TOPボタン