雨漏り修理で防水効果を高める為に出来ることを行おう

ベランダの雨漏りを防ぐために

ベランダの雨漏りを未然に防ぐ為には、どのようなことに注意したら良いのでしょうか?ここでは、雨漏り修理にも用いられる防水工事の効果を維持していくために必要な事を紹介していきます。

防水工事に関するQ&A

何年ごとに防水工事を行なうべき?
防水の耐用年数は、どの工法を行なったかによって異なります。しっかり答えるには、現地調査を行なった方が良いのですが、一般的に10年を目安として、考えておくと良いです。時期がきたら、無料の現地調査を依頼し、点検してもらうと良いでしょう。
防水の寿命を延ばす方法は?
防水効果を長持ちさせるためには、定期的に保護している塗料を塗り替えることが挙げられます。気温や季節など自然環境の変化による影響を抑えることで、耐久性を高めることができます。
保証はありますか?
工法やメーカーによって保証の年数が異なりますが、平均5~10年間の保証が受けられますので、業者に依頼する前に、保証についても詳しく確認すると良いでしょう。

ベランダの防水工事の効果を長く維持するためには、住まいの雨漏りの症状に合わせた工事を行なうことが大切です。

業者のアフターケアがポイント

業者を選ぶ場合、アフターケアが充実している業者を探すと良いでしょう。工事後の点検などを行なっているかの確認もしてみるのも良いと思います。すぐに答えられない業者は、注意が必要です。営業と工事の責任者が違う場合や、防水工事が終わったとたんに、急に対応が悪くなったというケースもあるからです。

安心して任せられる業者を選ぼう

施工内容や、工事に不備があった時なども迅速に対応してくれる業者、修理に必要な技術と知識のある業者、最後まで責任を持って工事をしてくれる業者などを選べば、安心して工事を任せられるでしょう。

TOPボタン