雨漏り修理で人気のFRP防水工法を知ろう

防水工事で雨漏り対策

ベランダの雨漏りを解消したいと思っているなら、防水工事を行なわなくてはいけません。ここでは、工事の内容を紹介していきます。

FRP防水

室外

繊維強化プラスチックという複合材料を使用する工法です。この複合材は、軽量で強靭また強度・耐水性・成型性・耐候性が高いというとても優れた特徴を持っており、最近の多くの新築住宅のベランダでは、このFRP防水が施されています。

ウレタン防水

笑顔の男性

ウレタン防水とは、ウレタン樹脂塗料を修理箇所に塗り、防水膜を作る工法です。塗料は化学反応により硬化しゴムの様になります。どんな複雑な形のベランダでも継ぎ目が無く、とても綺麗に仕上げる事が出来るのが特徴です。

ベランダの場合はFRP防水工法がおすすめ

FRP防水工法とは?

安い費用で抜群の効果を得られるためとてもコスパが高く、また工期も短いので多くの工事で選ばれています。防水用の樹脂塗料を重ねて塗り、その上から、繊維強化プラスチックのシートを重ねてさらに塗料を塗っていきます。重ね塗りを繰り返し、修理箇所全体を綺麗に修理していきます。

FRP防水工法の特徴

耐久性に優れている
このFRP防水工法は、強い耐久性を持っていることが特徴です。樹脂塗料を何層も重ね塗りしているため、人が歩きまわっても効果が薄れる事はありません。この工法は、屋上の駐車場でも使われており、高い耐久性があるので、安心できます。
住まいに負担がかからない
ある程度の築年数のある家や、昔ながらの木造建築の場合は、防水層の重量が重く工事を行なうことで、建物に負担を掛けてしまう場合があります。ですが、この防水工法は、とても軽量なので建物への負担が少ないためどんな建物でも行なえる工事です。
短期間で施工が終わる
一昔前までは、この防水工法は工事しづらいと敬遠されていました。ですが、技術の進歩により、今ではとても行ないやすい工事になっています。また、工期がとても短く、1~2日で作業が完了するので近隣への負担もなく行なえる工事です。
TOPボタン